【修羅場】嫁の様子がおかしかったのは、全て嫁の父親のせいだった。1つの家庭の壮絶な結末


俺:30代後半 有資格の自営業 
嫁:30代中頃 専業 
嫁父:50代 元公務員 
嫁母:50代 専業 
嫁姉:30代後半 
子:10歳程度双子 

嫁とは取引先に出入りする業者のOLだった。 
当時若かった俺は顔とおとなしい性格に惹かれアタックし、付き合って2年で結婚の了承を得るために嫁実家へ。 
そこで嫁父から同居を進められた。 

 

俺は元々飛行機の距離の島から大学で都会に出て、ある下町が気に入って大卒後資格を取って自営業として開業。
地域に根差して普段から自治会や夜回り地域の祭りへの参加等をさせて頂くことで信頼関係を築いて、その結果安定して収入を得られるようになって 
嫁と結婚する覚悟が出来た。

このため電車で1.5時間程度の距離とはいえ、現在仕事している場所を離れる事は出来ない。 
そのことを何回説明しても嫁父はしつこかった。 
嫁父は公務員だったのでその繋がりから仕事を紹介してもいいと言い始めたが、それはありがたいけど現在の顧客をまずは大切にしたいと訴えつづける事数時間。 
現収入を開示しこれまで築いた関係が無ければ収入も無い事、 
将来的に事業を拡げられるような状況になればこの地域でも仕事を始めて軌道に乗れば同居でもいい、と譲歩して嫁父はしぶしぶ了承した。 
この話し合いの間、嫁父以外は空気、嫁も殆ど口を挟まず、たまに俺にお父さんはこういってるけど、、、と言うだけ、 嫁母はお茶を何回か出してきた。
嫁姉は最初は居たが仕事で途中で抜けた(遠距離出張で休日移動だったそうだ)。

次ページへ続きます

関連記事