【恐怖体験】深夜の帰り道、話しかけてきた知らないおばさんが…。

夜道での恐怖体験

ある女性が体験した出来事です。

彼女が住んでいる町は、繁華街に近い街でした。しかし、少し道を外れると人気は一気になくなると言います。

その道には街灯が少しあるだけでお店はなど全くなく、深夜帯はさらに静けさが増すのです。

彼女は飲食店でバイトをしていたため、帰りは遅くなってしまうことが日常茶飯事だったのです。

毎回、帰宅のときは

「怖いな…」

と思いながら帰路についていたそうです。

そして、ある日恐れていたことが起きてしまったのです…。
暗い道

次ページへ続きます

関連記事