【涙腺崩壊】小学5年生の障がい者を救った名もなきヤンキーの実話。「お前は俺の舎弟だ。いじめられたらすぐ俺に言え」

【涙腺崩壊】小学5年生の障がい者を救った名もなきヤンキーの実話。「お前は俺の舎弟だ。いじめられたらすぐ俺に言え」

これは実話である。

学校では不良だ、邪魔だと言われ続けたヤンキー。

しかし、そのヤンキーこそが小学5年生の障がい者を救っていたのだ。

これはその障がい者の姉が打ち明けた実話である。

 

15歳までしか生きられない小5の障がい者

私の弟は小学5年生のとき、「15歳までしか生きられないだろう」と医者に言われました。

弟は脳疾患持ちで、合併症だったのです。

脳の病気です。

11歳だった弟に、15歳までしか生きられないという現実はなかなか伝えられませんでした。

 

しかし弟は、小学校では特別教室ではなく、普通のクラスに入りたいということで、障害がありながらも、無理を言って普通学級に編入させてもらったんです。

私は姉として心配でした。

小学校は、障がい者というだけで簡単にイジメが起きてしまう

弟がいじめられるのではないか、ただそのことが心配だったんです。

次ページへ続きます

関連記事