【スカッ!】店長「俺に逆らうのか?これが目に入らないの?」と、腕の”お絵描き”を見せてきた→次の瞬間、店長は顔面蒼白となる…!

【スカッ!】店長「俺に逆らうのか?これが目に入らないの?」と、腕の”お絵描き”を見せてきた→次の瞬間、店長は顔面蒼白となる…!

当時の店長はひどい人で…

学生時代、時給がよかったので近所のパチンコ屋でバイトをしていた。

まだ店員のガラが今よりは悪かった時代で、バイト先の店長も結構なアレだった。

普段からほとんど現場に出ず、モニター見ながらインカムで怒鳴る。

それが店長の仕事と勘違いしているどうしようもない奴。

いわゆる、シゴキが愛だとか仕事だとか思ってるタイプね。

 

人の好き嫌いは激しいし

まぁ当然のごとく女の子大好きで

カウンターの女の子やコーヒーのお姉さんたちにちょっかいをかけては問題を起こして

非常に店員、バイトからの評判は悪いカスだった。

 

まぁ、そんなある日、とうとう私が目を付けられる日が来た

その日は大きなイベントで店内は全員朝から走り回っていたけど

店長はいつも通りインカム越しに怒鳴ってるだけ。

 

それも聞くに堪えない罵声ばかり。

今言うことかそれ?ってレベルの物もたくさん。

 

最初の内こそまじめに応答してた謝ってたけれど、途中であほらしくなり無言。

 

罵声が酷くなった段階でインカムの電源OFF。

 

すると私の返事が少なくなったことに気づいた店長が中から出てきた。

 

「ちょっと来いや、お前!!!」

 

そうして、クソ忙しいのに私は店長に事務所の裏へ連れていかれた結果……

次ページへ続きます

関連記事