【スカッとする話】電車で座り込みいつも騒がしい迷惑女子高生がいきなりおとなしくなった理由に、女の怖さを知る…

部下の女性、女子高生たちと最接近!

女子高生たちはいつものようにドアの前に座り込み、

マックを食べながらの乗車。

 

もちろん相変わらず騒々しい。

 

乗客はみな下を向くばかり・・・

 

そして目的の駅に着こうかというとき女性の部下が

「さあ着きましたよ行きましょう」

といって向かったのは、

よせばいいのに、

あの女子高生の座っているドアの前!

 

オレが

「向こうのドアから降りましょ」

と言いかけた瞬間、

彼女は

「すみません、道、あけてくれますか?」

と女子高生にニコリと微笑んだ。

 

だが女子高生たちは・・・

 

「向こうから降りたらいいじゃん」

 

「マジ、ウザって~」
「見てわかんねーのうちら座ってんじゃん」

 

 

 

もはや一触即発!

 

 

 

部下の女性に対し、

女子高生たちの暴言が飛ぶのかと思いきや

飛んでいたのはあるモノだった。

 

あるモノが、開いたばかりの

ドアの向こうに次々に消えていったのだ!

次ページへ続きます

関連記事