面接で。社長『君いい人材だよ!是非来てほしい!』私「え?あ、はぁ」 → 社長『うちは金を動かす会社だよ』私(この会社絶対おかしい) → 金融庁に報告した結果…

面接で。社長『君いい人材だよ!是非来てほしい!』私「え?あ、はぁ」 → 社長『うちは金を動かす会社だよ』私(この会社絶対おかしい) → 金融庁に報告した結果…

就活中の話

 

 

自分が大学就活中だった数年前は
ちょうど就職大氷河期と
言われ始めた頃で、
一つ上の学年が
内定取り消しとかくらったり
就職留年が出るほど不景気だった。

でも自分は高校のときから
続けてたバイト先のオーナーから
店を持たせてくれる話だったから
正直安穏としてたし、
周りからも羨ましがられてた。

むしろオーナーの片腕的な
仕事もしてたから
ちょっと鼻が
高くなってたのも否定しない。

順調に店の構想とか
立地場所とかを
バイト終了後夜中の2時3時まで
話し合ったりしてた。

ただこれが
大学4年の冬に
急に頓挫。

店を持つどころか
今してるバイトすら辞める事態に。

このとき目の前
真っ暗になったね。

急にすべて
失ったような気になった。

バイト先のみんなとも
仲良かったのに急に
お別れで本当に本当につらかった。

オーナーを
恨んだりもした。

これも修羅場だが
まだ本格的じゃない

次ページへ続きます

関連記事