女性「本の買取やってるって聞いたんですけど」私「はい」女性「これ、お願いします」→ 査定が終わった頃、「ババア!てめぇ!」と男性が怒鳴りこんできて…

女性「本の買取やってるって聞いたんですけど」私「はい」女性「これ、お願いします」→ 査定が終わった頃、「ババア!てめぇ!」と男性が怒鳴りこんできて…

 

買い取りもしている書店で働いていた時の修羅場

カウンターで仕事を
していたら女性が

「買い取りやってると聞いたのですが」

と聞いてきた。

「はい。ですが買い取りできないものもありますよ」

と言うと

「分かりました。お願いしたいのですぐに持って来ます」

と走って店を出て行った。

 

その10分くらい後、
さっきの女性が
大きい紙袋2つ分を
持って来た。

中には本が
ぎっしり。

「CDもあります」

との言葉にまずは
必要事項を用紙に
記入してもらい、
すぐに査定にとりかかった。

 

本はすべてハロプロの写真集、
CDもミニモニや鈴木あみなど、
今から見ると「懐かしい~!」と
言いたくなるものばかり。
全部で100冊はあったろうか。

そのうち20数冊は買い取りできなかった。

女性を呼び
その後の査定価格など
話している時だった。

「ババア!てめぇ、何、他人のものを持ってってんだよ」

と男性が怒鳴りながらカウンターに走って来た。

 

次ページへ続きます

関連記事