警察「保護者の方は居る?」私「不在です」警察「そう… じゃ、とりあえず君は連行ね」私「え?」→ 詳しく話を聞くと、予想だにしない事実が・・・

K察「保護者の方は居る?」私「不在です」K察「そう… じゃ、とりあえず君は連行ね」私「え?」→ 詳しく話を聞くと、予想だにしない事実が・・・

数年前にあったこと。 

父の単身赴任が決まった頃、
私はすでに地元の高校に入学しており、
母だけ父についていくことになった。 
私はすぐ近くにある
祖母の家から
学校に通うことになってから、
住んでいるところが
田舎ということもあって、
休日には祖母の畑仕事を
手伝うことが日課になった。 
これが意外と面白くて、
そのうち一人で小松菜やら大根やら
育て始めるようになってから、
祖母がいつも農具をしまっている小さい倉庫の
鍵を預けられるようになったんだけど、
その倉庫は畑の隅の方にあって、 
「鍵は預けるけど、夜になると真っ暗で危ないから畑仕事は夕方以降やっちゃいけないよ」
って言われてた。 
そのうち出来た野菜を近所に
おすそわけしに行くことも増えて、 
私が畑仕事をし、
自分で野菜を作っていることが
広く知られるようになった頃。 
キーケースにつけていた倉庫の鍵を
紛失するという出来事があった。 
最初は
「落としたのかな?」
と思ってたんだけど
「ちゃんと落ちないようにしっかりとつけていたし、落とせば音もするはずだし…」
ともやもやしたまま、
鍵をなくしてしまったことを祖母に謝った。
祖母は
「倉庫の中に入っているのは錆びた鎌だとか、そんなもんばかりだから盗む人もおるまいよ」
と言って慰め半分、もちろん注意もされた。 

新しい鍵を作ってもらってしばらく、祖母が町内会主催の
慰安旅行に出かけて、家に一人になった日の夜。 
なんとK察が家にやってきた。 

次ページへ続きます

関連記事