息子(小学生)が、こめかみを腫らして帰ってきた → 私「どうしたの?」息子「先生にやられた」私「え?」→ 校長に直訴しに行くと・・・

 

痛みで泣いている息子を放置。 

自発的に保健室に行き、
先生に言うとアイスノンで
冷やしてもらったらしい。

担任の対応が

あんまりだと思っていた最中に、
保健医から電話があり
 

「痛みや腫れがひどかったら病院へ」

 
と言われて、思わず 

「担任がした事ですよね。息子は、今、こめかみを腫らして紫色になっています。正直、一言でも『ごめん』とかあればなんとも思わないのですが、何も言わず放置と息子から聞いてちょっと不信感です」

 
保健医は、

「対応が悪くて申し訳ありません」 
「いや、担任の対応に不信感なので・・・」 

その日の電話は、

それで終わった。 

自分の中の第一の修羅場。

その夜、息子から、
今日の事の前に(約1週間前)、
担任から体育館に
呼び出され首を絞められた、
と告白された。 

あまりの事態に、

夫と相談。 
何度も息子に
問いただした。 

黙ったまま涙をためて
 
「本当に。首を絞められた。怖かった」 

次ページへ続きます

関連記事