【衝撃】父と歩いてたら、男に「鈴木?」と人違いされた。否定したら男は去ったが、父の様子が変…!俺「どしたの?」父『さっきの人を探そう…』

喫茶店で話をすることになった



喫茶店で話をすることになったが、
俺は全く事態がつかめない。

田「鈴木大輔くんを呼んだ方がいいですか?」 

 

父「今はまだいい。だけど、あとで電話で話をしたい」 

 

田「ちょっと電話をかけていいですか?」 

 

父「どうぞ」 

そして鈴木さんに電話。

すると鈴木さんに
「お姉さんの番号を教えて」と頼む。

登場人物が増えすぎで何もわからない。

お父さんは震えているし、泣き始めた。

どういうことなのか聞いてみた。

父「お前が二十歳になったら、話さなければならないと思っていた。 
だけど、こんなことになるとは思ってもいなかった。 
これから相当ショックなことがあると思うけど、驚くと思う」 

と言い出した。

田「今、あなたのお姉さんと電話しました。今日は来れないらしいですけど、改めて会って話がしたいらしいです」 

 

俺「私は一人っ子です」 

 

父「お前には、姉と兄がいるんだ」 

知らなかった。

聞かされて、
しばらく何も考えられなかった。

田「お父様、こちらの彼に話をしていないのであれば、日を改めても結構ですけど」 

 

父「お気づかいありがとうございます。そうします」 

そこで、2人は名刺交換した。

家に帰って事情をきいた。

お母さんも帰ってきた。

 

父「お前には20になったら、話さなければならないと思っていた。 
お父さんは初婚だが、お母さんは再婚で、お母さんには最初の旦那との間に、娘と息子がいる」 

それは昼間きいたから、
わかっていた。

 

父「姉の父親は向こうの男だが、兄は、双子で、誕生日はいっしょだ。 
どっちが父親なのかわからない。 
私たちは浮気というか、不倫の関係だった」 

そこで頭まっしろ。
 

父「今度、向こうのきょうだいと会うことになった」 

 

母「私も会いに行く。太郎もくる?」 

行くことにした。 

次ページへ続きます

関連記事